自由記述

"好き"の 冷凍保存。

【現場】Johnnys Experience 7 MEN 侍

6/4 15:30公演

 

 

 

感想

 

【現場】超特急 Progress 1弾 埼玉 大阪 千葉

 

  • 4/23 埼玉公演

 

  • 4/24 埼玉公演

 

  • 5/3 大阪公演

 

  • 5/4 大阪公演

 

  • 5/28 千葉公演

 

【現場】M!LK SPRING TOUR 2022 CIRCUS

 

  • 5/27

 

  • 5/28 昼公演

 

【現場】Happy 20th Birthday LIVE その瞬間、曽野舜太

 

  • 昼公演

 

  • 夜公演

 

タイトル未定

 

本日超特急の春のツアーProgressの初日。

そこで新メンバーオーディションの発表があった。

 

 

 

 

ちょっと神妙な面持ちのリョウガさんに動画振られる恐怖。ほんとに怖かった。でも映像が前向きで、でも手放しに明るい感じでもなくて、どの感情?って思ってたら「新メンバーオーディション開催」

 

おおおーん!そうかそうか、そらなんかなんとも言えん表情だわ。つーか何がって動画長かったよ。て思いながら今LINEで届いたの見たら1分もなかったわ。けどあの場での体感5分。早く言えよって思った(鬼のせっかち)

 

いろんなことがよぎった。

そうきたか、って思ったけどなんで?とは思わなかった。

 

いろんな困難を乗り越えてるのを見てるから、これからも5人で大丈夫。どんな壁も5人で越えられるって思う気持ちと、実際これから東京ドーム、さらにその先に進むためには今のやり方でいいんだろうか?って気持ちも本音としてはあって。間違ってないけど、何かが物足りない気もしてて。5人が役不足とかではなく、5人が頑張ってないからでもなく。

時代の流れとか、会社としての諸々もある中で、超特急が東京ドームに立つにはどうしたらいいんだろうねって仲間内で話すことは多々あって。

"足りない何かを補う"や、"起爆剤"になるという意味では、新メンバー追加もひとつの方法だよなあという納得感。

 

30歳手前で周りの同世代も家庭持ったり、仕事任されるようになったり、節目迎える人も多い中でそりゃあ5人だって今後のキャリアとか展望含めて色々考えるよなあという共感。

 

あとはM!LKの存在も私の中では大きくて。4人になって3人が加入して(まあこれもまた色々あったしそれはそれで思うこともあるけど)今舜ちゃんと柔くんがのびのびやってて、佐野きゅんも仁人くんもそるてぃーも楽しそうで、5人でよかったー!!って何度も言う5人見てたら、メンバー加入して良かったなあって思うんですよ。

加入後からのヲタクだし、なんなら新メンバー側のヲタクだからまたちょっと気持ち変わってくるけども。

 

ただ、心配もあって。

ひとつめはカイくんの「賛成でも反対でもない」って言葉。何度も話し合い重ねて尚どっちでもないメンバーがいて進めていいの?っていう疑問。5人全員が納得して賛成して進んでる?大丈夫?何が1番怖いかって新しい人が入ることよりも、5人の中でまた誰か抜けてしまうのが怖い。そのトリガーが新メンバー加入になるのが怖い。てかもうこれがいちばん怖い。

ふたつめは期間の短さ。オーディション期間の相場知らんけど。就活も3月から始まって6月には決まりだすやんって言われたらそうかあ~なんだけど。これからの10年、その先を一緒に歩んでくメンバーを見つけるのをこの3ヶ月でやるの?とシンプルに疑問。

 

なのでヲタクとしては今のところ「賛成でも反対でもない」なんだけど!!!?引っかかりつつも今の気持ちを適切に表しているので借りた(笑)

 

 

ただ、とても良かったことがあって。

映像見た後にそれぞれ挨拶しましょうか、でも順番とか何も決まってるない誰から話そうか?の時にたくちゃんが先陣切ってて。(以下文章は多少端折ってるので詳しくはアーカイブ見て)

 

東京ドームに立ちたいです

なんかすごい久しぶりに東京ドームって目標口してくれてた気がして。しかもそれをたくちゃんが言うんだっていう驚き。

 

着いてきて欲しいなって素直に思います

なんかシンプルに嬉しかった。全部ひっくるめて尊重してくれるけど、それでも着いてきてっていう強さ。

 

この景色を見るために僕達は10年やり続けています。その先ももっと先もその素敵な景色を僕達超特急に見せてください

これ昨日のキラリでも「みんながどんな景色を見せてくれるか」って言ってて。こちらとしては超特急に素敵な景色見せてもらってる感覚なんだけど、たくちゃんは逆に見せてもらってるって思ってて、清いなあって。

 

で、アンコールで出てきた時に一番最初に声出したのがたくちゃんで。

 

超特急と青春しましょうこれからも

めっちゃこれから見据えてるし、たくちゃんにとって超特急って青春なんだなあって思ったし、これからも続くものなんだなって思ったら泣けた。

 

Hooplaのグレジャで5人がこれからどう進むのか見てみたいって思って気持ち新たに8号車に戻ること決めたのに、今日のグレジャで戻ってきたこと一瞬後悔したんだけど。戻ってなければまたこんなしんどい思いする必要なかったよなあ~的な。

でも!たくちゃんの熱さに救われた~!!!!!

 

大事なことなのででっかいフォントにした。

私熱い人好きなんだったわ。あの時の選択、今のところ間違ってなかったよォ!って自分で褒めた。

 

てかたくちゃんってこんなに熱くて優しい人だったんだなぁって、知らなかったよ。昔からこうだった?いかに推ししか見てなかったかがわかるな。

始まる前も終わったあとも(キラリに)連絡くれてさ、彼氏かっての。

なんかこの不器用な優しさたまらんくない?泣けてきた。今もうガチで泣いてる、枕濡れてるがな。

 

思うことは色々あるけど、激重感情すぐ繰り広げるくせに結構推し変担降りできちゃうタイプだから数年後には心変わりしてる可能性大いにあるけど、絶対嫌だけどまた脱退経験しとるかもしれないけど!

 

(てか、この長いヲタク人生で「脱退」は何度も経験してるけど、「加入」は初めてのパターンで。まだまだ初めてことってあるんだなあと思ったり)

 

"今日この時点では"たくちゃんのいる超特急を好きになれて良かったなーって思ってる!!結論そこに落ち着いた。オーディションの結果どうなってどういう気持ちやスタンスでヲタクしてるかは未来の私に託すわ。(来年も再来年もヲタクである前提こわいね)

 

あとは新メンバーが良い奴で、スキャンダルになるような過去持ってなきゃいいや。炎上、ダメ絶対。女ネタ、ダメ絶対。過去のSNS掘り出されてやばいの出てくる、とかじゃなきゃいいよ。

 

 

ツアーもめちゃくちゃ楽しかったけどただでさえ1回じゃ何も覚えてないのに、発表あったからもうなんも覚えとらんのよ。明日からまた楽しみ。

 

 

とりあえず最初の発表を受けての所感メモでした。

 

 

【現場】THE BIGINNING ~笑劇~

2/1 18:00公演。備忘録なので文脈等々めちゃくちゃ。

 

  • 影アナ

 

「お席にあたたかいコーヒーとミックスパフェをご用意しております。これ全部うそ~。これ小島組に言わされてます」

 

  • オープニング

黒い燕尾服で5人登場。小島くんだけ襟立ってるし蝶ネクタイだらーん

小島「時代が追いついてないだけ」

 

これからいろんなショーをご覧下さい、みたいなテンション

 

  • アラジン

【アラジン 斗亜、ジャスミン 琉巧、魔王 岡、サル 小島、ジーニー 晶哉】

 

肩に乗るテンションで斗亜におぶさる小島。重い!って怒られる。

斗亜「自分で思ってるほどかわいくないからな!?」

 

サルなのに鼻がよく効いて、魔法の絨毯を探し当てる。

 

黒子ならぬ黒小島登場。

黒小島に対して

小島「何笑顔で見てんねん。いい顔してるやんけ」

 

ランプを擦ったらジーニー風のランプのお兄さん(‪晶哉‬)登場。

 

ジーニーの歌歌うんだけど、ディズニーのフィルハーマジックかと思った。

 

魔王と対決の時に、ランプに剣を出してくれ!と頼む斗亜。

出てきたのは(小島)健。

 

島健いらんねん!!!って言われながらも魔王の岡と既存のギャグをミュージカル風にする対決。

 

岡:ドドスコスコスコ 愛注入

小島:てててててれってて🎶ちゃあ~(?)

岡の勝ち

 

ホールニューワールド歌いながらアラジンとジーニーにキショいって言われるランプのお兄さん。人間への恨みを募らせるお兄さん。

 

  • ウラメシヤ

【スーツにサングラスの健、ロボットの岡、毛皮着た斗亜、殿様の琉巧、店長は‪晶哉‬】

一言目が絶対声高くなる小島。

みんな死んでると聞かされる。

 

【敵のボス中国拳法使いの岡、手下 拳銃使いの琉巧 ヌンチャク使いの斗亜、ボス ‪晶哉‬、ヒットマン 小島】

敵に合わせて攻撃を変えるヒットマン。敵を倒したあとのポーズがダサいヒットマン。なぜか岡はライトセーバーで倒す。

最後の敵岡にトドメを刺そうとする小島に対して、

ボス‪晶哉‬「負けを認めてるものをやる必要ない。強い者だけに立ち向かってけ」

敵を倒した後に電極のビリビリ食らわせられるボス‪晶哉‬。

どっちかが落とし前付けなきゃいけない、ってなって拳銃でロシアンルーレットすることになったボス‪晶哉‬とヒットマン小島。「それが「極道の掟」」最初に撃った小島が当たり引いて死ぬ。

 

  • 大江戸(即興)劇場

【芸者?琉巧、琉巧の妻?‪晶哉‬、殿 斗亜、医者 岡、現代人?小島】このパートの配役謎。

 

琉巧の寿命があと3分。ここで小島が登場し、カップラーメンのタイマーを入れて、3分即興劇場開幕。ぐっしゃぐしゃ(笑) 1分半くらいで岡くんがルービックキューブ全面完成させる。手際ができる人の手際。

小島くんは見てるだけなんだけど、めちゃくちゃ素。普通にニヤニヤ笑ってる。

 

3分経って死ぬ琉巧。

 

  • SUPER ROBO?

【スティーブジョブリンジョブリン小島、手下 斗亜 ‪晶哉‬、ロボ 岡、初号機ロボ 琉巧】

スティーブ・ジョブズに扮する小島。オレンジの新商品発表会と称して、紹介される岡ロボ。

 

無茶ぶりされる小島。コップ使ったギャグ

小島「フックのないフック船長~」

2回やらされる(笑)

 

客席ナンパする岡ロボ。

岡「俺っちの電話番号教えていい?0120-828-828 やずややずや

 

捨てたはずの初号機が暴れて岡ロボ死ぬ。

切られた岡ロボ「いったーいったいたい俺大晴」

 

  • 楽園

【捨てられた子供 斗亜、トラ 琉巧、オオカミ 小島、劇団四季バージョンのライオン ‪晶哉‬、密猟者 岡】

捨てられていた赤ちゃんの斗亜をトラ・オオカミ・ライオンで育てる。よく泣くから名前はクライと命名。男の子は泣いたらあかん!と教えられるクライ。平和に暮らしていたのに密猟者岡がやってきて撃たれるトラ。オオカミも撃たれそうになったところを守って撃たれるクライ。

死ぬ間際、泣いてるライオンとオオカミに対して「男の子は泣いたらあかんのやで」

 

ここ、小島組の泣きパート。でも程よく笑う劇なのに!?って突っ込んでくれる‪晶哉‬。人間のせいで振り回される動物たち。

オオカミの時に、角度的に小島くんの横顔拝み放題だったんだけどめちゃくちゃ綺麗で惚れ惚れした。

 

  • ウラメシヤ

岡「SixTONESってなんでしっくすとーんずじゃないん?」

‪晶哉‬「それは魂と身体がまだ死に慣れてないからやで」

 

- みんなで合わせるYMCA

ミニゲームコーナー。ここはキャラ置いて小島健でやりたいって言い出す座長。

目隠し耳栓で、ヤングマンのサビのフリを合わせられるかどうかのゲーム。ゲーム支配は‪晶哉‬。

 

揃わなかったけどなんやかんや翌日。

 

魔法のランプを見つけて覗くと、ランプのお兄さんが。俺たちこいつに会ったことあるな!?って記憶が蘇る。

 

4人が死んだ原因はランプのお兄さんで、そのように仕向けてた→恨みを晴らしていた

 

暗転、ポーズが何回か。組体操みたいになる。最後に岡がトドメを刺そうとしたけど小島が止める。

小島「負けを認めてるものをやる必要ない。強い者だけに立ち向かってけ」

 

  • 10年後

パティシエになるヒットマン健、猫型ロボットになる岡、動物と人間の掛け橋になる斗亜、有名なインフルエンサーになる琉巧。

 

この件で笑ってグズグズになる小島、斗亜、岡。

 

集合写真の後ろにぼんやりランプのお兄さん。

 

 

 

起こったこと並べてったらほんとに意味わかんないんだけど、これが記憶と表現の限界です。考えるな!感じろ!だし、めちゃくちゃ面白かった。

 

思い出したら随時追記。

 

 

 

【現場】JOHNNYS ISLAND THE NEW WORLD

 

  • 1/9 18:00公演

スケボーは不在らしい。

 

感想